交通事故治療 | 盛岡市で口コミ多数の整骨院|いずみ整骨院 上田

いずみ整骨院 上田

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故治療

交通事故治療

2018.12.27 | Category: 交通事故

こんにちは、いずみ整骨院 上田です。

今回は事故の多い冬場の運転についてお話したいと思います。

冬になると道路が凍結していたりと様々ございますがタイヤさえ準備をしておけば問題ないという訳ではありません。

冬季は同じ道路とは言え橋の上を走行する時には特に注意が必要です。
橋というのは風などを防ぐものが一切ない為に常に寒風に晒されています。
橋を渡る際には速度を落としてから渡ると良いでしょう。

ちなみに一般的に冬場にかえるスタッドレスタイヤはスノータイヤの一種です。
従来のスパイクタイヤと比べるとスパイクタイヤには鋲(びょう)がタイヤに打ち込まれており、雪の上でも滑らない、安全性が高いものでしたがタイヤのピンが道路事削ってしまい粉塵公害が問題視されていました。
スタッドレスタイヤはゴムの質の変化と溝の形を変えることで凍結した路面でもスリップを起こすことなく運転ができます。
またピンがない為、道路も傷つけることないので現在ではスタッドレスの方が一般的になってきています。

そして、重要なのは落ち着きと譲り合う気持ちです。

雪道での急ブレーキはスリップする原因となることと車にはクリープ現象というものがあります。
これはアクセルなどを踏んでいなくとも駆動輪はゆっくり稼働しており、車が前進することです。
しかし、雪道での急ブレーキはクリープ現象をとめてしまう危険を伴います。
クリープ現象がなくなり、タイヤがロック状態になってしまいます。
この状態での走行は困難となってしまう為にロックがかかるほどの強いブレーキは踏まないようにしましょう。
冬場の運転時はスピードをあまり上げないほうが安全と言うことは皆さんご存知だとは思いますがブレーキがかかって停止するまで一体どのくらいの距離がかかるかはしっていますか?
ちなみに時速40kmで走行している時の制動距離は、通常の乾燥路面の場合は7.9m、積雪路面の場合は21.0m、凍結路面では78.7mにもなり、乾燥路面と凍結路面の制動距離には、実に10倍近い差があります。
これだけ見ても大きな危険性と正しい判断が必要となるのは明確ですね。

これからどんどん雪が降りますので、お気をつけ下さい!

いずみ整骨院 上田は、交通事故治療0円で行えますので、ご相談下さい

猫背矯正 骨盤矯正 産後矯正

いずみ整骨院 上田
盛岡市上田1-10-1ベルメゾンS.K.1F
TEL019-652-5855